企業人向けブログ 経営者をリードする!「ビジネス計数塾」LIVEレポート

HOME > 企業人向けブログ > セミナーレポート > ビジネス計数塾8期生 基礎編第7回

ビジネス計数塾8期生 基礎編第7回

今回は「未来費用」という概念を学習しました。

固定費の中身を紐解くと、今期の売上を上げるためにかかる費用(現在費用)と、

来期以降の売上につなげるためにかける費用(未来費用)に分けることができます。

ここにA社とB社の2つの損益計算書があります。

A社        B社

売上 2,000   売上 2,000

費用 1,900   費用 1,900

利益  100   利益  100

これだけ見れば同じ業績に見えますが、A社の費用1,900のうち、

将来に備え、新商品の開発に200の費用をかけていたらどうでしょう。

A社          B社

売   上 2,000   売   上 2,000

現在費用 1,700   現在費用  1,900

事業利益  300   事業利益  100

未来費用  200   未来費用   0

最終利益  100   最終利益  100

A社は300の利益の中から未来のために200の投資をしたと見ることができます。

表面上は同じ損益計算書に見えますが、どちらの会社が生き残る可能性が高いかは、

このように組み替えることで明らかです。

どんなに好調な事業でも右肩上がりが続けるわけではなく、

強力なライバルの出現や技術革新などにより、やがて成熟、衰退を迎えます。

富士フイルムはデジカメの出現(技術革新)により、

フィルム事業は衰退を余儀なくされましたが、毎年2,000億円の未来費用をかけることで、

医薬品、化粧品、サプリメント事業に進出し大禍を免れました。

フィルム業界の雄、コダックが破綻したのとは対照的です。

今期の利益から未来に向けた投資をしているがどうかが、

会社の命運を左右するのです。

 

ページの先頭へ戻る