企業人向けブログ 経営者をリードする!「ビジネス計数塾」LIVEレポート

HOME > 企業人向けブログ > セミナーレポート > ビジネス計数塾8期生 基礎編第8回

ビジネス計数塾8期生 基礎編第8回

今回のビジネス計数塾は「各固定費の成果管理」と「先行管理」。

固定費は大きく4つに分類できます。

現場にかかるコストを「業務固定費」、

企画やイベントにかけるコストを「企画固定費」、

経営全般の企画、管理にかかる「本社固定費」、

そして前回も学習した未来への投資である「戦略固定費」の4つです。

ひとことで固定費と言っても、実際の仕事と対応させるとこのように分類されるのです。

そして、講義ではそれぞれの固定費からどの程度の成果が上がっているかを

測定するポイントを学習しました。

例えば「企画固定費」は企画やイベントにかけたコストで、

売上高÷企画固定費の数値を測定することで、

企画固定費1円が生み出した需要創出効果を測定します。

そしてこれを継続的に管理すれば、

過去に比べての、企画の良否が数値管理できるのです。

 

そして「先行管理」。

社長が抱えるストレスのひとつは、

思うようにことが進まない苛立ちではないでしょうか。

他人を使って他人を管理する、社長ならではのストレスですが、

「事後管理」から「先行管理」に切り替えてみてはいかがでしょうか。

月次会議で幹部からの未達成の月次報告で、

「申し訳ございません、来月頑張ります。」

が年12回繰り返されると大変なことになります。

これを防ぐには、時には社長自ら週次会議に参加して、

一ヶ月が終わる前に策を講じる、いわゆる「先行管理」が重要になるのです。

ビジネス計数塾では、

固定費の成果測定や先行管理のツールも用意してますので、

それらをご紹介して今回は終了しました。

 

いよいよ次回は基礎編の最終回。

これまで2年間をしっかり振り返り、最後の1年「実践編」につなげたいと思います。

ページの先頭へ戻る