ビジネス計数塾

パワーザイムのビジネス計数塾は「学び」・「癒し」・「挑戦」がキーワードとなっています。
月1回2時間の「学び」。終わった後の懇親会での「癒し」。そして他の受講生の前で学習の成果を発表する「挑戦」。
どれが欠けてもここまでの好評はいただけなかったように思います。 ここではその一端をご紹介いたします。

学び

マネジメントの研修ではあまり例を見ない"座談会形式"が好評の「ビジネス計数塾」。いつ当てられるかわからないため、決して集中力は切らせません。
「経営」とは何か?「戦略」とは何か? 普段何気なく使っている用語を、マネジメントの見地から解説を加えます。こういう用語の定義って、実は会社の会議の場ではとても重要なのです。
定義が曖昧なままでは、当然「戦略」という言葉の解釈は人それぞれ。このような状況で会社の方針はうまく伝わるでしょうか? こういった普段のモヤモヤをスッキリさせ、マネジメントノウハウを身にけることができる点が、皆様から好評いただいている理由のひとつです。

講座抜粋①

事業テーマ(事業コンセプト)の作成
ー永遠に右肩上がりの事業などないー

講座抜粋②

費用は売上を生む原動力
ー売上・費用・利益の考え方ー

講座抜粋③

損益計算書は下から読む

講座抜粋④

活動生産性は企業活動の質(経営力)を表す

癒し

後継者を悩ませるストレス

ビジネス計数塾は月に一度の講義、そしてその後には毎回懇親会を開催しております。
巷でよくある懇親会、社交の場ではなく、毎月同じテーマを学習する仲間との懇親会ですので、回を重ねるごとに打ち解け、二代目経営者の共通の悩みである"不安"を分かちあっていただいてます。左記のような不安から「先代社長である父からの過剰な期待」「多忙による奥様、子供との疎遠」などの悩みまで、皆がどのように消化されているのか、いわば「経営者としての生き方の知恵」を交換する場ともなっています。
また、半年に一度は別のクラスの受講生とも合同で開催することで、より多くの仲間と出会えることもご好評いただいている理由のひとつです。

挑戦

ビジネス計数塾は月に一度の講義を「入門編」「基礎編」「実践編」と3年にわたって学習していただくプログラムとなっています。そしてこれまで多くの卒業生を輩出してきましたが、ここで学んだことをアウトプットする機会がほしいとの声を反映し、「ビジネススケッチ研究会」と称した発表の場を設けております。もちろん「ビジネス計数塾」の講義も座談会形式で行っているため受講生の皆様の発言の機会はたくさんありましたが、自らが立てた経営計画や事業のスケッチなどを他の受講生の前で発表するという場を設けました。経営者にとって重要な能力は「話す力」と「聞く力」。これは発表者にとってはもちろん、聞き手側にとっても他の会社の経営計画を聞く機会はあまりないため、経営者としての資質・能力の向上に役立てていただいてます。

事業承継における課題

ビジネス計数塾から広がるマネジメントサービス

マネジメントサービス一覧

コンサルティング
企業経営者やその幹部の方がビジネス計数塾で学習されると、その内容を実際に自社の現場で活用したいと希望されます。しかし、講義の内容は理解したもののどのように運用すれば良いのか悩まれるケースが多くみられます。弊社ではそのような方に、コンサルティングをご提案しております。インストラクターコースで学んだツールを使って毎月指導することで満足度は大きくなり、先生方のビジネスにも非常に有効です。
アップグレード研修
「ビジネス計数塾」はマネジメントを学習したことがない経営者にも理解していただきやすいように、非常に平易でかみ砕いた内容となっていますので、もし受講生の中に学習意欲の高い方がおられるようでしたら、先生方が学習されたインストラクターコースの初級・中級の内容を開講していただくと、より満足していただけます。(注)
税務顧問・事業承継・相続対策
ビジネス計数塾に参加される会社は、事業に前向きな会社が多いようです。
そのような会社は税務顧問先としても優良先になります。
私どものケースでは先代の社長から事業を引き継ぐ際に、税務顧問の打診がある場合が多く、税理士業務の新規開拓の場として有効であると考えています。
生徒の立場に立って考えるとマネジメント指導を毎月受けている税理士の先生に税務顧問になって欲しいのは頷けるところです。
同様に事業承継・相続対策案件の相談もよく上がります。
このように、ビジネス計数塾は税理士業務の営業ツールとして有効だということは注目点です。

このように「ビジネス計数塾」だけでなく、コンサルティングやアップグレード研修にもつなげていただくことが可能なビジネス体系となっており、また関係性が強化されることから、税務顧問・事業承継・相続対策などの相談も自然と増えてきます。

(注)「 ビジネス計数塾」のテキストは「ビジネス会計実践コース」と「エグゼクティブ・マネジメントコース」の内容を、平易でわかりやすくまとめた内容となっております。