パワーザイムのインストラクターコースでは、数字を活用したマネジメントノウハウを体系的に学習していただけます。
これは中小企業の経営者が最も欲する知識であり情報であるため、先生方が初級の第1回を受講されると早速、次のような成果を発揮できます。

効用1
社長から経営の相談を受けても気後れしなくなる
効用2
社長に対して経営に関する魅力的な話をできるようになる

そして中級の第8回まで修了されると
ビジネス計数塾を開講できるようになる

税理士先生の受講が急増中

インストラクターコース(初級)

ビジネス会計実践コース

企業を成長させるためには、計数管理能力は必須条件です。
しかし、多くの企業は、決算書の売上金額と利益金額という結果だけを見て 一喜一憂しているのが現実の姿です。利益が上がれば、節税に関心が行き 赤字であれば、銀行対策を考えるという企業がどれだけ多いことでしょう。さらに、会計を担当する部署があるので、経営幹部は会計の考え方を知る必要性がないと考える企業がほとんどです。しかし、経営品質向上のために会計はあるのです。経営TOPから現場に至るまで、それぞれの階層別に会計を有効に活用する思想と仕組が必要なのです。そして、当コースは、会計を経営の現場で実践的に活用するためのプログラムを提供しています。

経営という視点から会計には下記4つの目的が要請されます。

  • 生産性の追求
  • 信頼性の追求
  • 資金力の追求
  • 成長の追求

本コースでは、この4つの目的を理解していただくことを狙いとしますが、単に数字の遊びにならないよう経営の視点から計数というものを捉えるように工夫をしています。

料金

  • 受講料 200,000円(消費税別)
  • テキスト代 5,000円(消費税別)

回数

全4回 各回 13:00 ~ 17:00

インストラクターコース【初級】(ビジネス会計実践コース) カリキュラム

回数 内容
1日目
(初級①)
第一講 マネジメントと会計の関係
1.会計は経営のツール
2.計数管理のマネジメントにおける活用イメージ
3.計数マネジメントの、マネジメントでの位置づけ
第二講 生産性を計数で測定し、評価する
Ⅰ.損益管理の基礎を学ぶ
 1.損益計算書では、事業活動の本当の姿が見えない!
 2.変動損益計算書の基本を学ぶー変動費と固定費
 事例1.制度会計損益計算書を変動損益計算書に組み替えよう
 3.売上高・変動費・固定費・利益の関係性を理解する
 事例2.利益予測の方法を研究しよう
Ⅱ.生産性の評価と具体的活用ノウハウ
 1.費用は売上を生む原動力
 2.変動損益計算書で生産性を測定する
 3.生産性の測定と評価
 事例3.活動生産性を測定しよう
 事例4.労働生産性を測定しよう
2日目
(初級②)
Ⅲ."企業の活動"を計数で見える化する
 1.企業の活動とは、(企業)組織の活動をいう
 2.機能別組織の計数管理
 3.事業別組織の計数管理
Ⅳ.現場活動の有効性を測定する
 1.計数管理導入のステップーー復習を兼ねて
 2.機能別組織の計数管理
 3.事業別組織の計数管理
Ⅳ.現場活動の有効性を測定する
 1.計数管理導入のステップーー復習を兼ねて
 2.戦略的業務活動の構築こそマネジメントの仕事
 3.有効な活動は"コンセプト"の転換から再構築する
 事例5コンセプトから活動指標を創造する
 4."現場活動"を磨くことが競争力強化に繋がる
 5."勝利のJカーブ曲線"を理解する
 6.戦略的業務構築の手法ーバリューアップチェーン
3日目
(初級③)
Ⅴ.投資生産性を測定する
 1.二つの企業支出
 2.ROAを深める
第三講 信頼力を計数で測定し、評価する
1.信頼を守ることこそ経営の原点
 (参考)賃借対照表とは
2.多くの会社は、実は債務超過
3.本当の「信頼」とは
4.「信頼性」を数値化し、格付け表で評価する
 (参考)減価償却費とは
 事例6.「信頼性」を数値化し、格付評価をしよう
5.経営者の視点から銀行借入金の本質を掴む
4日目
(初級④)
第四講 本当の資金力を測定する
1.資金力アップは経営の基盤整備である
2.大企業と中小企業の資金管理の違い
3.資金管理の本質を理解しよう
4.お金には色がない?!
 事例7.キャッシュパワーステートメントを作成する
5.各種資金の持つ意味
6.悪玉借入金額を計算し、撲滅する
 事例8.悪玉借入金を計算する
7.CPSの読み方を学ぼう
8.キャッシュフロー計算書を簡単に作成!
9.格付表を使って資金体力をアップ!
第五講 成長性を測定する
1.成長とは何なのか
2.成長性を測定する
第六講 計数力向上こそ科学的経営管理の基礎
1.経営力と計数管理
2.職務および人材の体系図
3.計数管理構築のポイントと今後の指針

今後のスケジュール

開催日 開催時間 開催地 内容
2018.6.4(月) 13:00~17:00 東京 初級④

インストラクターコース(中級)

エグゼクティブ・マネジメントコース

自社の成長と経営品質向上を目指す企業にとって、事業運営、組織の中核を担う経営幹部層の強化は、この激動の時代を生き抜くためには必要不可欠なテーマです。
しかし、現実的には多くの中堅・中小企業では、"経営人材の育成と教育システム"は皆無で、また、多くのビジネススクールでは主に大企業を対象とした欧米流のMBAプログラムを提供しているのが現状です。
パワーザイムのエグゼクティブ・マネジメントコースは、中堅・中小企業の経営者、経営幹部の皆様が、真のビジネスリーダーに進化するための、エグゼクティブとしての必要な能力の獲得を可能とする「中堅・中小企業の経営人材育成に特化した実践的プログラム」を提供しています。

料金

  • 受講料 400,000円(消費税別)
  • テキスト代 5,000円(消費税別)

回数

全8回 各回 13:00 ~ 17:00

インストラクターコース【中級】(エグゼクティブ・マネジメントコース) カリキュラム

回数 内容
1日目
(中級①)
第1章 経営の基礎
1.企業の役割
2.経営の本質
3.企業経営の目的とその機能
4.企業と会社と事業は違う
5.企業経営5つの理念
第2章 経営戦略
1.経営戦略とは何なのか?
2.経営戦略の本質
3.経営改革とは?
2日目
(中級②)
第3章 市場戦略
1.事業成功のためには、しっかりした事業コンセプト(事業テーマ)が必要
2.業態とは何か
3.事業コンセプトの考え方
4.成長の壁は何なのか
5.事業のライフサイクル
6.市場集中化の原則と競争力
3日目
(中級③)
7.企業が顧客ニーズを形にする
8.『ボリュームワン』から『オンリーワン』に変わる
9.事業コンセプトを深める
10.サプライチェーン全体の中で自身のビジネスを考える
11.成長には、『多様化』と『多角化』がある
12.成長のイメージを考える
4日目
(中級④)
第4章 組織戦略
1.事業の開発・進化
2.組織活用のイメージ
3.TOPが"こなし業務"を"戦略的業務"にリフォームする!
4.組織活用のポイントは、設計・運営・評価・処遇
5.組織活用の体制 ― 集権と分権
6.組織設計のイメージ
7.組織設計のポイント
8.組織図を具体的に書こう
5日目
(中級⑤)
9.企業の成長にともなう組織設計のポイント
10.組織運営のポイントは会議体にある
11.会議体での議論のポイント
12.組織の評価 ①全体評価
13.組織の評価 ②事業評価
14.組織の評価 ③部分評価
6日目
(中級⑥)
15.組織の処遇
16.成果配分制度導入の留意点
17.成果配分制度が合わない企業
18.企業内配分制度の種類とその本質
19.ライン職務(役割)と経営価値
20.本社機能を明確にする
7日目
(中級⑦)
第5章 要素戦略 ~人事戦略を中心に
1.経営人知
補足:経営者は社員に"やりがい"という給与を与えなければならない!
2.職能(職務遂行能力)の本質 ①
3.職能(職務遂行能力)の本質 ②
4.リーダーシップ ①
5.リーダーシップ ②
8日目
(中級⑧)
6.潜在的思考特性 ―Thinking Style
7.管理者の5つの能力要件
8.目標面接を活用する
第6章 社風戦略
1.社風は企業風土であり 経営戦略を支える
2.ボリュームワン経営とオンリーワン経営は社風が異なる
3.組織活性化の要諦は社風にある
第7章 経営計画
1.100億規模の長中期経営計画と年度経営計画(例)

今後のスケジュール

開催日 開催時間 開催地 内容
2018.6.5(火) 13:00~17:00 東京 中級⑤
2018.6.21(木) 13:00~17:00 東京 中級⑥
2018.6.27(水) 13:00~17:00 東京 中級①
2018.7.11(水) 13:00~17:00 東京 中級⑦
2018.7.12(木) 13:00~17:00 東京 中級②
2018.7.25(水) 13:00~17:00 東京 中級③
2018.7.27(金) 13:00~17:00 東京 中級⑧