特徴

自社の成長と経営品質向上を目指す企業にとって、事業運営、組織の中核を担う経営幹部層の強化は、 この激動の時代を生き抜くためには必要不可欠なテーマです。
しかし、現実的には多くの中堅・中小企業では、”経営人材の育成と教育システム”は皆無で、また、 多くのビジネススクールでは主に大企業を対象とした欧米流のMBAプログラムを提供しているのが現状です。
パワーザイムのエグゼクティブ・マネジメントコースは、中堅・中小企業の経営者、経営幹部の皆様が、真のビジネスリーダーに 進化するための、エグゼクティブとしての必要な能力の獲得を可能とする「中堅・中小企業の経営人材育成に特化した実践的プログラム」を提供しています。

パワーザイムが提供するサービス

  1. ビジネス計数塾 ・入門編 ・基礎編 ・実践編
  2. ビジネス会計実践コース
  3. エグゼクティブ・
    マネジメントコース
  4. コンサルティング
1.ビジネス計数塾
月1回・2時間の学習でマネジメントの基礎を学べる、はじめの一歩におすすめのコースです。

詳細はこちら

2. ビジネス会計実践コース
経営トップから現場に至るまで共有化できる、独自の計数管理システムの構築を支援します。

詳細はこちら

3.エグゼクティブ・マネジメントコース
自社の成長戦略を立案・実行できる「本物の経営幹部」を育成します。

詳細はこちら

4. コンサルティング 
ビジネス会計実践コース、エグゼクティブ・マネジメントコースの学習プログラム内容とノウハウの貴社への本格導入を支援します。

3つの理念

  • 「企業・資本・人間」の本質を追及し、その理解を経営の現場で実践できる能力を持った人材を育成します。
  • 「経営の原理・原則」を理解した経営戦略・戦術に柔軟で広い視野を持った実力のある人材を育成します。
  • 異質な人々や考えとの交流と、そこから生まれる新しい価値の創造や自己変革の機会を大切にします。

5つの効果

  • ビジネスの実践と成功に不可欠な論理的思考、戦略的思考を鍛えることで、企業経営能力が向上します。
  • 経営者と経営幹部の意思統一を図り、経営品質の向上と成長スピードを加速します。
  • 経営理念や事業コンセプトの考え方を論理的に理解することで、一体感ある組織作りが可能になります。
  • 正しい計数管理の習得により経営課題の早期発見、早期解決が可能になります。
  • 人間理解に基づく人事人材戦略を学ぶことで、マンパワーを最大限に引き出します。

運営の基本スタイル

  1. 「原則説明」「事例紹介」「質疑応答」「討議」「演習」
  2. 毎回の課題レポートの提出と添削
  3. 個別面談によるコンサルティング
  4. 経営計画の作成と発表会
  5. 終了後に経営者又は人事責任者に学習実績の報告

当コースの考え方

企業経営には「5つの理念」が存在します(下図参照)
これら5つのカテゴリーは有機的に結合しており、真の企業の成長・発展と経営品 質の向上を目指すためには、
その全てを「より良いものに改善し続ける思想と実行力」が必要です。

講義風景

  • 講師による講義風景
    中堅・中小企業の幹部に特化した内容を講義します。
  • より実践的な講義内容
    講師陣がわかりやすく、決して机上の空論ではい現場重視の講義を行います。
  • 講習生の様子
    少数精鋭全員参加型が特徴です。
  • 講習生の発表の様子
    各与えられたテーマについて発表します。
  • 講習生同士のディスカッション
    単なる一方的なプレゼンではなく、他の講習生とのディスカッションを行う全員参加型の講義です。

カリキュラム

回数 内容
1日目
(中級①)
第1章 経営の基礎
1.企業の役割
2.経営の本質
3.企業経営の目的とその機能
4.企業と会社と事業は違う
5.企業経営5つの理念
第2章 経営戦略
1.経営戦略とは何なのか?
2.経営戦略の本質
3.経営改革とは?
2日目
(中級②)
第3章 市場戦略
1.事業成功のためには、しっかりした事業コンセプト(事業テーマ)が必要
2.業態とは何か
3.事業コンセプトの考え方
4.成長の壁は何なのか
5.事業のライフサイクル
6.市場集中化の原則と競争力
3日目
(中級③)
7.企業が顧客ニーズを形にする
8.『ボリュームワン』から『オンリーワン』に変わる
9.事業コンセプトを深める
10.サプライチェーン全体の中で自身のビジネスを考える
11.成長には、『多様化』と『多角化』がある
12.成長のイメージを考える
4日目
(中級④)
第4章 組織戦略
1.事業の開発・進化
2.組織活用のイメージ
3.TOPが"こなし業務"を"戦略的業務"にリフォームする!
4.組織活用のポイントは、設計・運営・評価・処遇
5.組織活用の体制 ― 集権と分権
6.組織設計のイメージ
7.組織設計のポイント
8.組織図を具体的に書こう
5日目
(中級⑤)
9.企業の成長にともなう組織設計のポイント
10.組織運営のポイントは会議体にある
11.会議体での議論のポイント
12.組織の評価 ①全体評価
13.組織の評価 ②事業評価
14.組織の評価 ③部分評価
6日目
(中級⑥)
15.組織の処遇
16.成果配分制度導入の留意点
17.成果配分制度が合わない企業
18.企業内配分制度の種類とその本質
19.ライン職務(役割)と経営価値
20.本社機能を明確にする
7日目
(中級⑦)
第5章 要素戦略 ~人事戦略を中心に
1.経営人知
補足:経営者は社員に"やりがい"という給与を与えなければならない!
2.職能(職務遂行能力)の本質 ①
3.職能(職務遂行能力)の本質 ②
4.リーダーシップ ①
5.リーダーシップ ②
8日目
(中級⑧)
6.潜在的思考特性 ―Thinking Style
7.管理者の5つの能力要件
8.目標面接を活用する
第6章 社風戦略
1.社風は企業風土であり 経営戦略を支える
2.ボリュームワン経営とオンリーワン経営は社風が異なる
3.組織活性化の要諦は社風にある
第7章 経営計画
1.100億規模の長中期経営計画と年度経営計画(例)