インストラクターコース 受講者の声

HOME > 会計人向けサービス概要 > インストラクターコース 受講者の声 > 税理士法人 良知 山口 雅之 様

税理士法人 良知 (大阪府) 山口 雅之 様

2018年11月16日

石先生の計数管理に関する講座をお聞きして、まず今までの財務分析とはまったく違う視点からの説明に非常に感動しました。

特に「活動生産性」の概念と活動別損益計算書の概念、キャッシュパワーステートメントに関しては、経営者が直感的に理解しやすい概念でクライアントにお話しした際も分かりやすいと評判でした。

従来の損益分岐点分析やキャッシュフロー計算書では経営者の感覚的に理解しにくいものになっていたので、逆に説明がしにくいことが新たな概念や計算書を使うことで計数の大事さを理解してもらえると感じました。

また、事業にもっとも大切なことは事業コンセプトを明確にすることで、そこから一貫性のある戦略・戦術を展開していくこと、その戦略・戦術の管理の仕方が明確にされていたので、コンサルの軸が出来ました。

また、市場戦略が最も大切であるという点で、事業特性要因方程式が非常に論理的で一貫性のある戦略を立てる際に有効なツールだと思いました。

中小企業には市場戦略がないことが大半で、特に年商30億未満の企業で大切なのは市場戦略であるから、その点を抑えるだけでも大きく変化していくということが参考になりました。

特に私たち会計人は、市場戦略や組織戦略を学ぶ機会がないので、石先生の系統だった一貫性のある市場戦略論、組織論は非常に役に立ちます。

しかも実際のコンサルを通じた事例や理論であるので、血の通った理論です。

世の中には大企業向けの理論は多いけれども実際は中小企業には適用できないか適用しにくい理論であるのに対して、石先生の理論は中小企業や中堅企業に適用できる理論であるため、我々にも活用できる理論です。

一覧に戻る

ページの先頭へ戻る